ファンデーションの種類と選び方

ファンデーションの種類

ファンデーションは、きれいな肌を演出するために欠かせない
アイティムですが、種類も豊富ですので どれがどれやら
選ぶのに迷ってしまいますよね。

 

ファンデーションの種類

 

自分の肌にピッタリ合うものを選ぶ為にも、種類別の
特徴をしっかりと知っておきましょう。

 

パウダーファンデーション

 

パウダーファンデーションは、顔料の粒子をシリコンなどで
コーティングし固形状に固めたものや粉状のものがあります。

 

油分が少ないのでムラになりにくく、コンパクト式のものが
多いので 化粧直しにも便利ですのでメイク初心者でも
使いやすいです。

 

また、乳化剤や防腐剤などの添加物を使っていないものや 
使っていてもごく少量です。

 

リキッドやクリームタイプなどに比べて刺激が少なく お肌にも
やさしいですので 乾燥敏感肌の方におすすめです。

 

余分な油分をパウダーが吸収してくれることで皮脂による
テカリも抑えられるので、オイリー肌の人にも適しています。

 

リキッドファンデーション

 

リキッドファンデーションは 元々女優さんなどが 舞台化粧で
使用していたものでカバー力が高いのが特徴です。

 

肌へのフィット感があり、伸びもよく シミやシワなどをカバー
したいときに適しています。

 

複数の色のリキッドファンデーションを混ぜて自分の肌に合せて
色を作ることもでき、幅広い使い方が可能です。

 

カバー効果やキープ力が高い反面、パウダーファンデーションに
比べてムラになりやすいため、スポンジなどを使って 塗り広げる
必要があります。

 

また、油性と水分が主となるので、乳化剤・防腐剤が使用
されているため パウダーファンデーションと比べると肌への負担は
大きくなり、肌トラブルを起こしやすい面もあります。

 

クリームファンデーション

 

クリーム状のベースに細かい顔料の粒子を混ぜ込んだもの。
リキッドファンデーションよりも油分が多く、コッテリとした
テクスチャーが特徴です。

 

リキッドファンデーションよりもさらにカバー力が高いので、
シミやくすみ、毛穴などの肌トラブルをカバーしたい人に
おすすめです。

 

保湿力が高いので、塗った後もしっとりとした感触を保てる
ことから、乾燥肌の人に向いていると言われています。

 

ですが界面活性剤・防腐剤が使用されていますので 
逆に乾燥することもあります。

 

エマルジョンファンデーション

 

肌に伸ばすと 液状に変わり、そのあとに中の成分が
蒸発してパウダーに変わるタイプです。

 

パウダーファンデーションとクリームファンデーションそれぞれの
よい性質を組み合わせています。

 

基本的に、どのような肌質にも合うとされています。

 

スティックファンデーション

 

顔料に少量の油分を加えて練ったもので、クリーム
ファンデーションよりもさらに油分が多く、コシがあるのが
特徴です。

 

乳化剤・防腐剤の使用量は少なめで伸びがよく粉浮きしません。

 

直接肌に塗って手で伸ばし、仕上げにスポンジ叩き
込むように使います。

 

リップスティックのような形状ですので、くり出して直接肌に
つけることが出来ます。

 

カバーしたい部分が広い人におすすめです。
ニキビ肌の人は 油分が多すぎないものを選びましょう。

 

ルースファンデーション

 

サラサラしたパウダー状の粉がそのまま容器に入ったタイプで、
「お粉」とも呼ばれています。

 

軽いつけ心地のため肌への負担が少なく、また、油分が
含まれていないのでメイクオフの負担が軽く、簡単に落とす
ことができます。

 

一方で、カバー力が低く、化粧崩れしやすいという欠点が
あります。

 

仕上げ用・化粧直しなどに使用されることも多いです。

 

ラウディはBB&CCクリーム

 

ファンデーションの種類の中ではリキッドファンデーションと
エマルジョンファンデーションの特徴を併せ持っているように
感じますが BBクリームとCCクリームについては 
ラウディ紹介ページをご参照下さい。