BBクリームとCCクリームの良いとこ取り

BBクリームとCCクリームの特徴

ラウディBB&CCクリームはBBクリームとCCクリームひとつになった
クリームなのですが そもそもBBクリームとCCクリームって 一体どんなもの?

 

ラウディBB&CCクリーム

 

それぞれの特徴、まとめてみました。

 

BBクリームとは

BBクリームは正式名称はブレミッシュ‐バーム(Blemish Balm)
と言い 傷(blemish)を補う香油(balm)のクリームと言う意味です。

 

BBクリームは元々は医療用に作られたクリームで ピーリング
などの美容医療、手術や顔の怪我、ヤケドなど傷ついた肌を、
落ち着かせ、保護をする目的で使用されていました。

 

ですが現在は 化粧下地、ファンデーションとして日焼け止め
下地・コントロールカラー・ファンデーション などを合体させ 沢山の
機能を持つ オールインワンファンデーションの代名詞になっています。

 

BBクリームは下地作りのステップをシンプルにしてくれ 忙しくて
メークにかける時間がない方や手軽に、お肌の保湿と日焼け
対策用にと 人気を集めています。

 

下地やファンデーション、日焼け止め効果があり カバー力は
あるのですが 厚塗りになりやすいです。

 

CCクリームとは

CCクリームはBBクリームと肌色補正のコントロールカラーを元に 
化粧品会社がそれぞれ独自に開発を進めたもので BBクリーム
のような 正式名称はありません。

 

コントロールカラークリーム、カラーコンディションクリームなど 
メーカーによって 様々な名称があるようです。

 

CCクリームはベースとカラーコントロールの働きをし、光の反射と
人間の目の錯覚を利用して、肌色を補正し明るく美しいお肌に
みせてくれます。

 

自然なツヤでナチュラルな仕上がりになりますが、カバー力は
あまりありません

 

ラウディは2つのクリームの良いところを併せ持っています

BBクリームは塗って隠すもの、CCクリームは光でごまかすもの
BBクリームのカバー力とCCクリームの自然さを併せ持っています。

 

ラウディBB&CCクリーム

 

化粧下地もUVクリームも要らず ベースメイクが本当に 30秒で
きれいに出来てしまいす。

 

ラウディのBB&CCクリームは BBとCCの良いとこを 併せ持ち
さらに 肌のことを考えた 無酸化発想の化粧品です。

 

この無酸化発想のお陰なのか 夜遅くまでメイクを落とさないで
いても 鼻の周りが ガサガサになって かぶれることがなくなり
肌の調子が とっても良いです。

 

ウォータープルーフで 化粧崩れしにくいのは良いけど 洗顔で
落ちにくいのでは・・・と 気になりましたが 石鹸洗顔だけで
難なく落とすことが出来ました(*^_^*)